Avid Sibelius7.5でピアノ譜面を作るためのTipsのメモ(未完成)

Avid Sibelius7.5でピアノ譜面を作るためのTipsのメモです。(ペダル表記が未完成です)
気がついたことがあり次第、更新していきます。

この記事では「DAWのMIDIでピアノ曲を作って、それをSibeliusに流し込んで譜面を完成させる」というのが目標です。


・MIDIファイルをDAW側で整える
・シベリウスでMIDIを開く
・空の小節の削除
・パフォーマンスの再表記

こんな感じでやっていきます。

・MIDIファイルをDAW側で整える
MIDIファイルの方でピアノのアルペジオ奏法(低音から和音のタイミングをずらして弾く奏法)を使っていると、シベリウス側で編集するときに大変になります。シベリウスはあくまで楽譜ソフトなので、MIDIの細かい調整はDAWで行った方が良いです。

ということで、MIDIファイルをシベリウスにインポートする前に、それ用のMIDIファイルとして、アルペジオなどの細かい奏法を使っていた場合はすべてクオンタイズして、きっちり整えたMIDIファイルを用意します。

 

・シベリウスでMIDIを開く

(ここではざっくり、「 MIDIを開く→シベリウス内でコピー→空の2段譜面にペースト」 の作業をします。)

まずはプロジェクトフォルダを作ります。そこに、インポートするMIDIファイルをその中に置きましょう。
これは、万が一シベリウスでMIDIファイルのデータをいじってしまってもオリジナルの方に影響がないようにするためです。

次に「ファイル」→新規作成 から空のピアノ譜面を作ります。
メニューの「新規」から 「新規スコア」→「ピアノ譜」 で作成できます。

その次にMIDIをインポート。

やり方は何でも良いですが、MIDIファイルをドラッグ&ドロップで大丈夫です。

すると取り込み設定で「MIDIファイルを開く」という画面が出てきます。
記譜タブの「コントローラーメッセージを保持」にチェックを入れます。これは、サステインペダルの情報をインポートするためです。

そうしてMIDIをインポートすると、ト音記号で譜表が表示されます。これは単にMIDIをシベリウスで開いただけです。

なので、さっき作った空のピアノ譜面はまだ空のままになっています。この空の譜面にMIDIをコピペします。

まず、インポートしたMIDIを全選択してコピー。Ctrl + AをしてからCtrl + Cです。
その後に、先程作った空のピアノ譜面に移動して、ペースト。 Ctrl + Vですね。

要は、MIDIを2段譜面にするには、2段譜を用意してからコピペするしかないのです。
ちょっと文が冗長になってしまいました。

・空の小節の削除
最初や最後の小節が空になっていることがあるので削除します。小節の削除は、Ctrlを押しながら小節内をクリックして、紫色の枠が選択表示択されたらDeleteキーかバックペースキーで削除出来ます。
(日本語入力になっている場合は削除出来ない上に何も起こらないので英語入力に切り替えましょう)

で、ちょっと困るのが一番最初の小節を削除する場合です。
普通に削除してしまうと、テンポ情報、拍子、タイトルなども消えてしまいます。

公式では、「削除したくないオブジェクトを選択している場合は、オブジェクトを隣の小節までドラッグするなどして一時的に削除する小節に添付されないようにしてください。」と書いてあるのでその通りにしましょう。
引用元:小節を削除する(公式マニュアル)
(自分の環境では「フルスコア」という文字だけドラッグできませんでした…。今は使わないのでよしとします。)

・パフォーマンスの再表記
そうしたら次は、上のメニュー「音符入力」→「パフォーマンスの再表記」で、譜面を綺麗にしてあげます。

ざっくり、これでピアノ譜面っぽく二段になり、そこそこ良い感じに表示されるはずです。

・未完成部分(ペダル記号)
ですが、ここで、ペダル記号が無いのに気づきました。
ペダルはMIDI情報としてあったはず…
ここは調べてみようと思います。まさか1つ1つ書かないといけないなんていうことはないはずなのですが(´・ω・`)
ペダルさえインポートで表記できればほぼ完成ですね。


また、ト音記号とヘ音記号の間で和音を分割したいときには、
以下のようにすれば良いようです。

これはかなり分からなかったところだったので助かりました…!
公式様、ありがとうございますm(_ _)m

※本当は、DAWのMIDIの段階でトラックを2つ作り、「左手」「右手」と分けていれば、より簡単に楽譜を作れると思います。

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+