KORG microKEY AirをBluetoothでMacと接続する方法。そのままでは繋がらないので「Bluetooth MIDI Connect」を使うよ、というお話。

KORG microKEY AirをBluetoothでMacと接続する方法です。自分用メモ。

たまに使うくらいだとついつい忘れてしまうのでメモです…。
Bluetoothをオンにするだけでは繋がりません。

 

KORG microKEY AirとMacを接続するには、「Bluetooth MIDI Connect」というKORGのアプリを使います。AppStoreから入手可能。

▶Bluetooth MIDI Connectのダウンロード

MacのBluetoothはONにしておきます。
「Bluetooth MIDI Connect」のソフトウェアを起動します。KORG microKEY Airのモードは、
本体左のスイッチで「WIRELESS」に切り替えてBluetoothモードにします。

あとはBluetooth MIDI Connectで「接続」を押せば完了です。

Bluetooth MIDI Connectの画面。接続した状態。

Logic ProやCubase等を起動していた場合はDAWソフトウェアを再起動してくれれば認識します。

遅延は全然感じません。文字を打つ無線のキーボードと同じ感覚です。

また、DAWを起動させた状態でMacを閉じ、Macをスリープさせても、Airの電源を入れておけば
スリープから復帰すると何事も無かったように普通に使えます(再接続不要)。

microKEY Airの電源を切っておいても、スリープ復帰時にBluetooth MIDI Connectの画面を出して「接続」を押せばDAWを再起動しなくても使えます。


以上、何かの参考になれば幸いです。

 

参考記事:「2016.02.10 microKEY Air向けMac専用ユーティリティ「Bluetooth MIDI Connect」をリリース。」- KORG
https://www.korg.com/jp/news/2016/0210/

KOMPLETE 12 UltimateとUltimate Collector’s Editionの違いは?KOMPLETE 12シリーズUPG/UPD版が半額セールで安くなってるよ、っていうお話【2019年6月Native Instrumentsセール】

2019年6月です。毎年恒例のNative Instrumentsの半額セールの月がやってきました。
この記事ではKOMPLETE 12 UltimateとUltimate Collector’s Editionの違いと、アップデート/アップグレード版の選び方などを書いていきます。


・6月はNative Instrumentsのセールの時期
・KOMPLETE 12 UltimateとUltimate Collector’s Editionの違い
・アップグレード版、アップデート版について

このような流れでお届けします。

・6月はNative Instrumentsのセールの時期

いつもだいたいこの時期になると、Native InstrumentsはKOMPLETEシリーズの半額セールを行います。

僕はKOMPLETE 10通常版をずっと使っていたのですが、ここにきてKOMPLETE 12 Ultimateのアップグレード版を2019年6月1日に購入しました。

Rock oN companyでは一時的に品切れになっています。(2019年6月1日現在)

サウンドハウスではまだ品切れになっていなかったので、このブログに記載しておきます。
このセールは一ヶ月です。

Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE 12 ULTIMATE (SELECT + UPG) – サウンドハウス

こちらはKOMPLETE SELECTというKOMPLETEの廉価版とアップグレード割引の組み合わせを使って81,194円(税込)でKOMPLETE 12 Ultimateを購入するという方法です。セット割です。
KOMPLETEシリーズをなにも持っていない人のオススメパックですね。

普通に買おうとすると

Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE 12 ULTIMATE – サウンドハウス

このように126,900円(税込)になるので、セット割という技を使う方がお得という訳です。

ちなみにKOMPLETE 12 Ultimateのさらに上のバージョンに

Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE 12 ULTIMATE Collectors Edition – サウンドハウス

KOMPLETE 12 ULTIMATE Collectors Editionというものがありますが、こちらはお財布との相談がより一層必要なバージョンです。

・KOMPLETE 12 UltimateとUltimate Collector’s Editionの違い

KOMPLETE 12 ULTIMATEとの違いはざっくり

 

「50のEXPANSIONSが付属

ExpansionsはNative Instrumentsの幅広い製品に対応する、ジャンルに特化した追加コンテンツです。」
引用:Native Instrumentsサイト

 

大容量のエクスパンション(拡張コンテンツ)が付属していることと、

 

「SYMPHONY SERIES – COLLECTIONが付属

世界屈指のミュージシャンの演奏を緻密にレコーディングし、シンプルでパワフルなインターフェイスと融合したプロ品質のライブラリ、SYMPHONY SERIES – COLLECTIONが付属します。」
引用:Native Instrumentsサイト

 

SYMPHONY SERIESというオーケストラ音源が強化されていることです。

KOMPLETE 12 UltimateにはEssential版が入っていますが、Collector’s Editionでは上位の製品版が入っています。

このオーケストラ音源をガッツリ使いたいかどうかで決めても良いかと思います。

クラシカル・インストゥルメント
 KOMPLETE 12 Ultimate KOMPLETE 12 Ultimate Collector’s Edition
SESSION STRINGS PRO 2

SYMPHONY ESSENTIALS – PERCUSSION

SYMPHONY ESSENTIALS WOODWIND SOLO

SYMPHONY ESSENTIALS WOODWIND ENSEMBLE

SYMPHONY ESSENTIALS – BRASS SOLO

SYMPHONY ESSENTIALS BRASS ENSEMBLE

SYMPHONY ESSENTIALS – STRING ENSEMBLE

SESSION HORNS PRO

SESSION STRINGS PRO 2

SYMPHONY SERIES – PERCUSSION

SYMPHONY SERIES WOODWIND SOLO

SYMPHONY SERIES WOODWIND ENSEMBLE

SYMPHONY SERIES – BRASS SOLO

SYMPHONY SERIES – BRASS ENSEMBLE

SYMPHONY SERIES – STRING ENSEMBLE

SESSION HORNS PRO

このような違いです。(本家サイトの比較表より引用)

さらに詳しくは本家ウェブサイトの比較表をご覧下さい。エクスパンションの違いなども詳しく記載されています。

※ちなみにKOMPLETE 12の通常版にはSYMPHONYシリーズは入っていません。

KOMPLETE 12通常版のクラシック・インストゥルメントは
SESSION STRINGS PRO 2ではなく「SESSION STRINGS 2」と、
SESSION HORNS PROではなく「SESSION HORNS」が入っています。

(ただ、通常版でもKONTAKTのファクトリープリセットには高品質なオーケストラ音源が入っているので、そちらでかなり対応出来るかと思います。
KONTAKTのファクトリープリセットのオーケストラ音源は質が高いです。)

必要容量は
KOMPLETE 12 Ultimateが「フルインストールには490GBの空き容量が必要」
KOMPLETE 12 Ultimate Collectors Edition「フルインストールには670GBの空き容量が必要」

となっています。パソコンの残りの容量とも相談しないといけませんね。


・アップグレード版、アップデート版について

さて、KOMPLETE 12 UltimateとKOMPLETE 12 Ultimate Collector’s Editionの違いの説明が長くなってしまいましたが、僕の購入したのはKOMPLETE 12 Ultimateです。

オーケストラ音源は専用のものが他にも沢山出ているので、そちらは自前で買っていこうという考えです。

アップグレード版は、KOMPLETE通常版からUltimate版へのアップグレードが

Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE 12 ULTIMATE UPG FOR K8-12

これで、通常の半額の36,200(税込)です。僕が購入したのはこのアップグレードです。

KOMPLETE Ultimate同士の「アップデート版」(数字を上げるもの)は

Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE 12 ULTIMATE UPD – サウンドハウス

こちらの、26,400円(税込)です。これもセールで半額の値段です。
KOMPLETE ULTIMATE8-11 からKOMPLETE 12 ULTIMATEへアップデート版。

半額なので、この時期を狙って買っていきましょう。


という感じで、KOMPLETE 12のアップグレードとアップデート版のセールをしているよ、という記事でした。

KOMPLETEは通常版でも十分戦力になります。

今回はずっと憧れていたUltimateをセールでちょこちょこアップグレードしてついに購入しました。

Ultimate版が欲しかった大きな理由はACTION STRIKESなどの強力なシネマティックインストゥルメント群を使いたかったという事が大きいです。

 

SESSION STRINGS PRO 2やギター音源なども評価が高いので楽しみですね。

以上、KOMPLETE 12シリーズのアップデート、アップグレード版がセールをしてるよ、という記事でした。

この記事が何か少しでも参考になれば幸いです。