2018年11月~12月の黒金(ブラックフライデー)周辺セール、プラグイン/音源情報。気になったものをまとめていきます。

画像提供:ぱくたそ

 

2018年も11月になり、いよいよブラック・フライデーが近づいてきました。

 

ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことである。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日にあたり、正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。
by Wikipedia

 

DTM界隈でも音源やプラグインのセールが始まります。
ハロウィンのセールが終わったらブラック・フライデーのセールがぼちぼち始まるといった感じですね。
サイバーマンデーなどもあるので、なんだかんだ年末年始あたりまでずっとセールが続きます。

個人的にDTMのセールや気になるものなどを随時まとめていきたいと思います。
このようにログをつけておくことで、最安値をメモすることにも繋がる訳ですね。


EastWestセール(2018年11月30日まで)

 

https://www.audiodeluxe.com/taxonomy/term/225/?solrsort=fs_field_popularity%20desc&f%5B0%5D=bm_field_on_sale_now%3Atrue

EastWest Hollywood Orchestra – Gold Edition
$665.00|→$266.00→$226.10(カート割引後)

https://www.audiodeluxe.com/products/eastwest-hollywood-orchestra-gold-edition

EastWest Symphonic Orchestra – Gold Edition
$530.00|→$212.00→$180.20(カート割引後)

https://www.audiodeluxe.com/products/eastwest-symphonic-orchestra-gold-edition

毎年この時期になると60%セールをやっている気がします。これが底値だと思います。
カート割(カートに入れる)で、更に少し安くなります。特にSymphonic Orchestra Goldがカート割後に2万程度なので安いですね。

Symphonic Orchestraはストリングスがとても綺麗です。ベロシティがそのまま弦の強弱になってくれるので、演奏打ち込み派には特に向いていると思います。

Hollywood Stringsは強弱の表現はエクスプレッションのオートメーションを描き込む必要があります。音の作り込みという用途ではHollywood Stringsのほうが向いています。
…というか音のキャラクターが違うのであまり比較する感じでもないですが。

両方持っておいた方が良い、という感じですね。

EastWest Hollywood Strings – Gold Edition
$265.00|→$106.00→$90.10(カート割引後)

https://www.audiodeluxe.com/products/eastwest-hollywood-strings-gold-edition

Hollywood Strings単体だと106ドルです。ここからカート割で、なんと90.10ドル。
とりあえず弦だけ欲しい方は必見です。
Hollywoodシリーズのブラスなども単体で同様の値段になっています。

実は今年はEastWestのComposerCloud(サブスクリプション使い放題)を契約していたのですが、結局あまり使わないという不思議現象が起きていました。

やはり「自分で所持している道具」でないと、あまり使う気が起きないんですよね。
あとで課金しないと使えなくなるかもしれない音源、と考えると躊躇してしまう部分があります。

サブスクリプションはどうしても「有料お試し」という感覚になってしまいます。
購入して使った方が良いと思います。


個人的には今年はCinematic Studio StringsとProjectSAM Orchestral Essentials 1あたりが気になるところ。

ということで、随時更新していきたいと思います。