最近のMacBookProについて思うこと。2018年発売(キーボード第三世代)のバタフライキーボードモデルと2017年世代モデル(キーボード第二世代)が混ざって売られているので気を付けよう。

・僕のMacBookPro事情
・最近のMacBookProについて思ったこと
・何が言いたいか:第3世代のバタフライキーボードの方が打鍵感が良いし壊れにくい

・まとめ

このような感じでお届けします。

・僕のMacBookPro事情

僕は2014年ごろに買った、MacBookProのLate 2013年(Retinaディスプレイ)というモデルを使っています。
今が2018年の終わりなので4年くらい使っていることになりますね。
SSDの512GBのモデルを購入したのですが、速度が遅くなることもなく、快適に動作しています。
SSDは4年経っても遅くならないので凄いと思います。次にパソコンを買うときはデスクトップであっても全部SSDモデルにしたいです。(ストレージ含め)

最近は 続きを読む

EastWestのPlayエンジンで最近ちょっと問題だと思ったこと。Play 6エンジンで選んだプリセットは後から確認できないので数字にしてトラック名にメモろう。

EastWestのPlayエンジンでちょっと最近問題だと思ったことがあります。

それは、Playエンジンは「選んだプリセットがどこのものかを後から確認する方法が無い」ということです。

解決策を先に言うと、「選んでいった順番に数字にして、トラック名としてメモしよう」
という感じです。かなり苦肉の策ですが、これくらいしか無いように思います。
後から困るよりはマシです。


Playエンジン上では、選んだ音色名は右上に表示されるので、音色の名前自体は分かります。

また、Playエンジンの左上の「Player」のスキンで音源名(Hollywood Strings等)は表示されます。
ただ、複数の音色を呼び出すタイプの「プリセット」の場合はどれを選択したのか分からなくなる可能性があります。

それについて少し長々と、一応の解決策と共に書いていきます。


(この線の中は面倒なら読み飛ばしても大丈夫です)
例えばSymphonic Orchestra Goldの 続きを読む

インストゥルメンタル選択 + プラグイン選択(設定込み)で自分の定番のトラック設定を呼び出せるCubaseの「トラックプリセット」機能を使おう

Cubaseで楽曲制作するときに、1つ1つ楽器を読み込んだり、FX(エフェクト)プラグインを読み込んだりすると、大体「定番」が決まってきたりします。

インストゥルメント(楽器)の設定+FXチェーン(プラグインのインサート)という組み合わせですね。

これをプリセットとして1トラックの設定として記憶する機能が「トラックプリセット」という機能です。 続きを読む

2018年11月15日Amazon Music人気曲ランキングTOP50。1位DA PUMP『U.S.A. 』2位 あいみょん『今夜このまま』3位 あいみょん『マリーゴールド』

Amazon Musicの人気曲ランキングのTOP50です。

一度これをやってみたかったんです。笑

思えば2018年は『定額聴き放題のストリーミング元年』とも呼べる年になったと思います。
椎名林檎(2018年5月)、Mr.Children(2018年5月)、松任谷由実(2018年9月)、井上陽水(2018年9月)、化物語シリーズ全曲(2018年11月)等々。

ちなみに2017年後半にこの兆しが出ていて、
2017年7月後半に槇原敬之、2017年10月からドリカム
2017年12月から福山雅治、宇多田ヒカルが解禁されていました。

また、SpotifyやAWA、LINE MUSICには2アルバムほどしかないのですがAmazon Music UnlimitedにはRADWIMPSの有名どころのアルバムが8枚あります。(2018年11月時点)
Amazonは地味に強いですね。

個人的にはミスチルのインパクトが大きいですね。アルバムは持っていますが、曲数も多いので、端末にデータを入れずに外に音楽を持ち出せて聴けるというのが非常に便利です。
手間を月々980円くらいで買っている感じですね。

という訳で、今は色々なサブスクリプション(定額)サービスのどれかを探している段階なのですが、Amazon Music Unlimitedの使い勝手が良かったのでそのランキングです。

ちなみに、Amazon Prime会員なら月額780円、年払いにするとなんと年間7800円で聴き放題という破格のお値段です。
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5354714051

ファミリープランにすると、1480円で、同住所なら6人まで聴けてしまいます。
ファミリープランは他のサービス、AWSやSpotify等にもありますね。

Spotify – ファミリープラン
https://www.spotify.com/jp/family/

Amazon Musicはビットレートが256kbpsなので(2018年11月現在)、いまのところプレイリストめぐりが楽しいAWAやSpotifyを検討に入れています。
(この2つとLINE MUSIC、Google Playは320kbpsで聴けます。)

では2018年11月15日Amazon Music人気曲ランキングTOP50です。

1.
U.S.A.
DA PUMP

2.
今夜このまま
あいみょん 続きを読む

冨田ラボ「エイプリルフール」制作ドキュメンタリー(カット版)まとめ

冨田ラボ「エイプリルフール」制作ドキュメンタリー(カット版)のまとめです。
自分で見る用。

冨田恵一(とみたけいいち)

Wikipedia

音楽制作をしている方はご存知の方も多いと思いますが、
日本を代表する音楽プロデューサー。作曲家、編曲家、Mixエンジニア。
ドラム&ギター&ベース&鍵盤をこなすマルチプレイヤーです。

MISIAの「Everything」や中島美嘉の「WILL」「STARS」の編曲、その他数多くのメジャーアーティストの作曲・編曲・プロデュースを手がけています。

「冨田ラボ」という名義でセルフプロジェクトも行っています。

冨田ラボ「エイプリルフール」ドキュメント(1)

冨田ラボ「エイプリルフール」ドキュメント(2) 続きを読む

VOCALOTRACKSから、ボカロ新曲「スタートダッシュ feat.音街ウナ」が配信開始されました!

音街ウナ2nd Anniversaryの配信楽曲として、
ボカロ新曲「スタートダッシュ feat.音街ウナ」

と、以前YouTubeにアップロードしたミニ作品
「うなどん食べたいよ feat.音街ウナ」

の配信が開始されました! 続きを読む

2018年11月~12月の黒金(ブラックフライデー)周辺セール、プラグイン/音源情報。気になったものをまとめていきます。

画像提供:ぱくたそ

 

2018年も11月になり、いよいよブラック・フライデーが近づいてきました。

 

ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことである。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日にあたり、正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。
by Wikipedia

 

DTM界隈でも音源やプラグインのセールが始まります。
ハロウィンのセールが終わったらブラック・フライデーのセールがぼちぼち始まるといった感じですね。
サイバーマンデーなどもあるので、なんだかんだ年末年始あたりまでずっとセールが続きます。

個人的にDTMのセールや気になるものなどを随時まとめていきたいと思います。
このようにログをつけておくことで、最安値をメモすることにも繋がる訳ですね。


EastWestセール(2018年11月30日まで →延長。12月30日まで)

続きを読む

ボカロ新曲ランキング(マイリスト集計)2018年10月31日版VOCALOID月末のデイリーランキング。上位100曲中新曲40曲です!

どうも、りーずです。

もう11月に入りますね。
ハロウィンも終わり、いつの間にかあっという間に冬になりそうな気配です。

ボーカロイド門番除外ランキング(デイリー)です。
一ヶ月以内の曲を取り上げていきます。

あくまで最近の「新曲」を取り上げます。クロスフェード、作業用BGM、ライブ等の映像は除外します。
カバーは入れます。また、誹謗中傷関係の動画は除外します。釣り動画のようなものも多分除外します。

読み込みの関係から、動画プレイヤーの埋め込みは上位数曲です。

2018年10月31日 00:00 ~ 2018年11月1日 00:00 のマイリスト数を集計(毎時更新)
門番除外、ボーカロイド新曲ランキング。

2018年10月1日から10月31日まで、30日以内に投稿されたものをピックアップしています。


第1位
Original, 初音ミク・GUMI/ プレシャスジャンク

第2位
セブンティーナ / 初音ミク アニメMV

第3位
パブリック・シークレット / 初音ミク

4位 続きを読む

Wavesのプラグインのレイテンシー表はここです。

Wavesのプラグインのレイテンシー表の一覧です。

Plugin Latency – Waves

https://www.waves.com/support/tech-specs/plugin-latency

5ページ目に

Plugin 44.1 kHz – 48 kHz
(NATIVE / SOUNDGRID)
88.2 kHz – 96 kHz
(NATIVE / SOUNDGRID)
176.4 kHz – 192 kHz
(NATIVE / SOUNDGRID)
48 kHz
(VENUE TDM)
L1 Ultramaximizer 64 128 256 67
L2 Ultramaximizer 64 128 256 67
L3 Multimaximizer 44.1 kHz: 3528
48 kHz: 3840
88.2 kHz: 7056
96 kHz: 7680
N/A 3843
L3 Ultramaximizer 44.1 kHz: 3528
48 kHz: 3840
88.2 kHz: 7056
96 kHz: 7680
N/A 3843
L3-16 Multimaximizer 6207 10367 N/A N/A
L360 Surround Limiter 64 128 N/A 67
L3-LL Multimaximizer 64 128 N/A 67
L3-LL Ultramaximizer 64 128 N/A 67

とありますね。(スマホでは表の右が表示されないので横向きにして見てみて下さい)

L1とL2は軽いですね。
L3-LL MultimaximizerとL3-LL Ultramaximizer
(L3の軽量版)もL1とL2と同じくらいの軽さです。

左列から
44.1 kHz – 48 kHz
88.2 kHz – 96 kHz
176.4 kHz – 192 kHz
(NATIVE / SOUNDGRID)
48 kHz(VENUE TDM)
の順番です。

その他にもWavesのプラグインのレイテンシーがすべて載っています。

なにかの参考にどうぞ!