DjangoでオープンソースのECサイトを作る方法。Saleor(https://saleor.io)やOscar(django-oscar)を使ってみよう。

DjangoでECサイト作りをしたいと考えていたところに、YouTubeで良さげな動画を見つけました。

「Python Django e-Commerce Tutorial 2020 – for Beginners」

とても簡潔に説明がされています。
ローカル環境で動くところまで。

上の動画のECサイトの実装ではSaleorhttps://saleor.io/)というDjangoのライブラリを使っています。

デモサイト:
https://demo.saleor.io/

デモサイト管理画面
https://pwa.saleor.io/dashboard/

このライブラリはオープンソースですが、サポートを受けたい場合は別途月々の料金が必要なようです。スタンダードプランで月に約10万(950ドル/月)。ちょっと高すぎる。
ただ、個人で普通に使いたいだけならフリープランでいけそうです。
フリープランでもカスタマイズや商用利用が可能です。

Djangoは最初からログイン/ログアウト(認証)やアクセス制限などの
「管理権限系の処理」と、その管理画面が実装されているので、
Djangoを入れるだけでユーザーとスーパーユーザー(管理人)を分けて処理を行うことなどが出来ます。

(ちなみに上記デモサイトでも分かるようにSaleorでは管理画面はDjangoの管理画面ではなくSaleorの管理画面が用意されています。)

また、ちょっと調べてみたところ、Saleorとは別に、Oscar(https://github.com/django-oscar/django-oscar)というEコマースのライブラリもあるようです。

『コピペで始めるDjango Oscor – Qiita』
https://qiita.com/shinriyo/items/a59412f4569171e41606

『django oscar 簡易チュートリアル – Qiita』
https://qiita.com/d0d0npa/items/4a4cc9914feebf60bbc0

Cartridgeというライブラリも発見。
https://github.com/stephenmcd/cartridge

このようなストア系のライブラリがあれば、車輪の再発明のような事をしなくても良いのですね。
選択肢が広がります。


話は別ですが、個人的には2020年5月現在でオリジナルのECサイトを作る一番簡単な方法は、WordPressにWooCommerceのプラグインを入れてStripe決済にすることだと思います。
Stripeは維持費なし、手数料が販売金額の3.6%のみ。凄いのは振込手数料も0円です。

限定公開URLやパスワードをつけることが出来るのでかなり良いです。
海外から作曲の依頼があったときにデータの受け渡しやライセンスの販売に使えます。
購入後のダウンロード期限(日数)の設定まで出来ます。
ゲスト購入(アカウントを作らずにE-Mailのみでの購入)も可能。

ただ、これだと商品表示の方法や音楽プレイヤーの表示・仕様の自由なカスタマイズなど、自分の思っているような事が微妙に出来ないんですよね。

ということで色々調べています。


メモ用に書き残しておきます。

KORG nanoKONTROL2のフェーダーにMIDI CCの番号を指定してアサインする方法(Windows10、Cubase9.5環境)

どうも、りーずです。

KORG nanoKONTROL2のフェーダーにMIDI CC(コントロールチェンジ)の番号を指定して割り当てる方法です。
フェーダーをMIDI CCのオートメーション作成に使おうという目的です。

ストリングス音源などで、MIDIのCCが複数必要になることがあります。
通常はマウスでポチポチ曲線を描いていくと思いますが、そうしていると大変な事もあります。

それをこのKORG nanoKONTROL2のフェーダーでやってしまおう!というのがこの記事の趣旨です。
※再生、停止、録音ボタン等はアサインしないのでご注意ください。
使えるようにするのはフェーダーのみです。

通常、MIDIキーボードの左側あたりにPITCHとMOD(モジュレーション)というものがあり、MODにはMIDI CCのCC1番が割り当てられています。

ストリングス音源等ではそれだけでは足りないので、KORG nanoKONTROL2のフェーダーにMIDI CCのナンバーを割り当てていきましょう。

【今回の流れ】
・すべてのソフトウェアを一旦終了する。(ブラウザは開いていてもOK)
・nanoKONTROL2のドライバーとKORG KONTROL EDITORをインストール

・nanoKONTROL2をUSBケーブルから一度抜く
・nanoKONTROL2をMIDI CCモードで起動する
・KORG KONTROL EDITORを使って、フェーダーにMIDI番号をアサインする
・KORG KONTROL EDITORでの設定を本体(nanoKONTROL2)に転送する
・Cubaseの「MIDIポートの設定」がアクティブになっているか確認
・どうしても動かない場合
・Windows10のアップデートで動作しなくなった場合

このような流れでお送りします。長いですよ。

【設定方法】
まず、 続きを読む

英語のニュースで出てくるちょっと難しい単語・語句一覧(個人学習用)

どうも、りーずです。

英語学習のために、英語のニュースをラジオで聞けるようなサイトを探していました。
そこで見かけたツイートがこちら。

NPR National Public Radio
https://www.npr.org/

主に募金や寄付金で成り立っているニュースメディアです。
米国の非営利・公共のラジオネットワーク。

音声コンテンツが驚くほど充実しています。
毎時のニュースやモーニングエディションという朝のニュースのまとめ等があります。

スマホのアプリで使ったほうがラジオが聞きやすいです。
こちらはiOS用アプリ。
https://apps.apple.com/jp/app/npr/id324906251

アプリでニュースを聞きながら、分からない単語をスマホのブラウザ検索でどんどん調べていくと語彙が増えていきます。

 

ということで、このようなニュースサイトで学習した単語を羅列していきます。
多分逐次更新。


英語のニュースで出てくるちょっと難しい単語・語句一覧

・senateネット)
名詞:上院

・exacerbate(イグーサベイト)
動詞:(状況を)悪化させる

・mereーァ)
形容詞:たったの、単なる、ほんの

・fabulousファビュラス)
形容詞:素晴らしい

・signatureィグニチュアー)
名詞:署名、サイン

・figure out
成句:考えて理解する、考えて答えを見つける

・so to speak
成句:いわば、言ってみれば

・deficitフィスィット)
名詞:赤字額、不足額、損失

・reiterate(リーダレイト)
動詞:繰り返し言う

・conservation(コンサィション)
名詞:保存、保護

・convention(コンンション)
名詞:会議、(政治)党大会、集会、
慣習、約束事

・come under
複合動詞:(管理・支配などの)下に入る、~の部類に入る、

・come under criticism
成句:批判される

・in need
成句:必要としている、不足している

・kludgy(クルージー、クラジィ)
形容詞:ずさんな

・in person
成句:直接、自分自身で

・contractントラクト)
名詞:契約
動詞:契約を結ぶ

・conducting(カンクティング)
名詞:実施、行為、(音楽の)指揮

・urgencyアージュンスィー)
名詞:緊急

・lingerンガー)
動詞:残る、とどまる


・counsel
ウンセル)
名詞:顧問、弁護士、
例:national security counsel → 国家安全保障顧問

counselは「~顧問」という意味で出てくる場合が多いと思います。

・boonーン)
名詞:たまもの、恩恵
形容詞:愉快な

・to this end
成句:この目標を達成するために

・get through
成句:(困難を)切り抜ける、通り抜ける

・quarantine(クォーランティーン)
名詞:隔離、検疫

・roundupウンドアップ)
名詞:概要、まとめ、総括

・investigate(インスティゲイト)
動詞:調査する、取り調べる

・investigation(インベスティイション)
名詞:取り調べ、調査、捜査

・testifyスティファイ)
動詞:証言する、証明する

・testimonyスティモニー)
名詞:(法廷での)証言、証明

・commence(コンス)
動詞:(~を)開始する、し始める、
(自動詞)始まる

・overwhelmingly(オーバーウェルミングリー)
副詞:圧倒的に

・overwhelming(オーバーウェルミング)
形容詞:圧倒的な

・prosecutor(プセキューター)
名詞:検察官、検事

・dictatorディクテイター) 続きを読む

musescore3で小節の幅を広げたり狭くしたりする方法。調整したい小節を選択して【shift +{】か【shift + }】を押そう。

無料の楽譜作成ソフトのmusescore3で小節の長さを広める/狭くする方法です。
結論としては、幅を調節したい小節を選択して【shift +{】か【shift + }】のショートカットキーを押しましょう。

Windows10環境でmusescore3を使っていたときに、小節幅の調整をしたいと思った時がありました。
色々調べていたのですが、公式の情報(下のリンク)では

https://musescore.org/ja/handbook/reiautotofuomatsuto#layout-stretch

 

次のどちらかのオプションを実施:

  • 間隔を広くする には: キーボードショートカットの } (Mac: Ctrl+Alt+9); あるいはメニューから レイアウト間隔を広くする を実施。
  • 間隔をせまくする には: キーボードショートカットの { (Mac: Ctrl+Alt+8); あるいは、メニューから レイアウト間隔を狭くする を実施:

と書かれていました。

しかし、僕のWindows環境では『 }』や 『{ 』 だけ押しても何も起こらなかったので、色々試してみた結果、シフトキーと一緒に }や{ のキーを押すと動きました。

かなり微調整が可能です。

何かの参考になれば幸いです。


『MuseScore: 無料で使える楽譜作成ソフト』

https://musescore.org/ja

2020年、新年あけましておめでとうございます!WordPressのデータベースをMySQL 5.5→MySQL 5.7に上げました。

どうも、りーずです。

あけましておめでとうございます。
ついに2020年が始まりました。今年はオリンピックがありますね。

昨年のブラックフライデーは色々と機材を更新した冬でした。

 

Spitfireがクリスマスセールをしていたので、 続きを読む

Cubase9.5のキーエディタで選択オブジェクトの情報(ベロシティなど)が表示されない時の対処法。右上の下矢印マークをクリックして「情報ライン」にチェックを入れよう。

Cubase9.5のキーエディタで選択オブジェクト(ベロシティ情報など)が表示されない時の対処法です。

結論から言うと、キーエディタの右上の「下矢印マーク▼」をクリックして「情報ライン」にチェックを入れるだけでした。

「キーエディタの様子がいつもと若干違うな?
ノートを選択したときにベロシティの情報って数値でいじれなかったっけ?」
と思っていたら「情報ライン」のバーが消えていました。
その直し方をメモっておきます。

・Cubase9.5のキーエディタを開く
・キーエディタの右上の「下矢印マーク▼」をクリック
・情報ラインにチェックを入れる

このような流れでお届けします。


・Cubase9.5のキーエディタを開く

まずはCubase9.5で適当にキーエディタを選んで開きましょう。
こういう感じになっているかと思います。

いつものキーエディタ…?しかし何かが足りない。

いつものキーエディタのようです。しかし、ベロシティ情報などが表示されるレーンがありません。

・キーエディタの右上の「下矢印マーク▼」をクリック

キーエディタの右上の「下矢印マーク▼」をクリックする。

そこで上の画像のように、赤い矢印マークの右にある小さい▼ボタンをクリックします。

そうすると「ウィンドウレイアウトの設定」が出てくるので、「情報ライン」にチェックを入れましょう。

情報ラインが上に追加されたことが確認出来る。

そうすると「情報ライン」が表示されました。
試しにノートを入力して選択してみると「ベロシティ」や「ピッチ」「オフベロシティ」などが数値でいじれるようになります。

複数ノートを選択してここで数値を変えると、変えた量だけ他のノートにも反映されます。

かなり基本的な部分の気もしますが、Cubase8とCubase9とでUIが変わっていたのでしばらく気が付きませんでした…。ご参考までにどうぞ。

以上、Cubase9.5のキーエディタで選択オブジェクト情報(ベロシティなど)が表示されない時の対処法でした。

OzaShinさんの「誰でもわかるコード進行講座」をまとめてみた。

自分用メモ。勝手にまとめてしまいました。

作曲・編曲家のOzaShinさんの「誰でもわかるコード進行講座」をまとめてみました。

コード理論勉強用です。とても分かりやすいです。

誰でもわかるコード進行講座 part1「さまざまな音名と音程」

誰でもわかるコード進行講座 part2「インターバルとスケール」
続きを読む