KORG microKEY AirがWindows10環境でBluetoothを認識しない/繋がらない時の解決方法

KORG microKEY AirがWindows10でBluetoothを認識しない/繋がらない/接続できない時の解決策です。

KORG microKEY Airを買ったのですが、Windows10ではBluetoothが繋がらないという事がありました。

ちなみにBluetoothはデスクトップパソコンに付いていなかったので、
I-ODATAの「USB-BT40LE」を購入しました。

これです。

※上記リンクはAmazonのアソシエイトリンクを利用しています。

アイ・オー・データ機器 I-O DATA USB-BT40LE [Bluetooth4.0+EDR/LE準拠 USBアダプター]-ヨドバシ.com

ヨドバシ.comにも売っています。僕はこっちで買いました。

このアダプターで全く問題なく動作しています。快適です。

使用可能なUSBのBluetoothアダプター -KORG


では解決方法です。

・KORG microKEY AirがWindows10でBluetoothが繋がらない時の解決方法
(そんなに難しくないけど知らないとハマる)

①Windows10の左下の検索窓に「korg」と打ち「KORG USB-MIDIデバイスのアンインストールプログラム(KORG MIDI Driver Uninstall Utility)」を実行する。

②必要のないUSBデバイスをMIDI1~9から削除する。

③既にインストールしている場合はMIDI10番台にある「KORG BLE-MIDIDevice」もKORG MIDI Driver Uninstall Utilityで一旦削除。

④「プログラムと機能」から「KORG BLE-MIDI Driver for Windows」を削除。

⑤KORGのウェブサイトからKORG BLE-MIDI Driver for Windowsをダウンロードして、再インストール。

⑥「KORG BLE-MIDIDevice」がMIDI1~9の一桁台に来ていれば成功。

⑥あとはペアリングすれば完了。

以上です。

1つ1つ見ていきましょう。



①Windows10の左下の検索窓に「korg」と打ち「KORG USB-MIDIデバイスのアンインストールプログラム(KORG MIDI Driver Uninstall Utility)」を実行する。

Windows10の検索窓(左下)に「korg」と打つと「KORG USB-MIDIデバイスのアンインストール」と出てくる。

Windows10の検索窓(左下)に「korg」とタイピングすると「KORG USB-MIDIデバイスのアンインストール」というものが出てきます。これを実行します。
「korg」だけで出てこない場合は「korg usb」と打ってみましょう。

②必要のないUSBデバイスをMIDI1~9から削除する。

「オプション」を押して削除オプションで「KORG MIDIデバイスのみ削除」のチェックを外す

「KORG MIDI Driver Uninstall Utility」が表示されると、右下に「オプション」というボタンがあると思います。これをクリックし、「削除オプション」で「KORG MIDIデバイスの削除」のチェックを外します。

これによって、KORG以外のメーカーのMIDIデバイスを削除出来るようになります。

MIDIデバイスの中で明らかに使っていないものを削除し、MIDI1~9番台に空のMIDIデバイスを作って下さい。
(使っているものを削除しないように気を付けて下さい。間違えて削除してしまった場合はUSBの抜き差しで復活すると思います。)

③既にインストールしている場合はMIDI10番台にある「KORG BLE-MIDIDevice」もKORG MIDI Driver Uninstall Utilityで一旦削除。

MIDI10番台は左下の矢印を押すと見られます。 画像のように、10番台にはKORGのドライバーが無い状態にします。

既に10番台にインストールされているはずの「KORG BLE-MIDIDevice」というデバイスは一旦削除します。
「KORG BLE-MIDIDevice」というMIDIデバイスを1番から9番台にもっていきたいので、ここで削除する訳です。

④「プログラムと機能」から「KORG BLE-MIDI Driver for Windows」を削除。

さて、Windows10のMIDIデバイスから「KORG BLE-MIDIDevice」を一旦削除したのですが、このままではKORG microKEYがWindows10のMIIDデバイスに割り当てられていません。
削除したのですから当たり前ですね。

ですので、ドライバを削除してからもう一度インストールします。

まずはドライバを削除しましょう。
「プログラムと機能」から「KORG BLE-MIDI Driver for Windows」を選び、アンインストールします。

「KORG BLE-MIDI Driver for Windows」をまずは削除します。あとからまたインストールするので大丈夫です。

⑤KORGのウェブサイトからKORG BLE-MIDI Driver for Windowsをダウンロードして、再インストール。

下のリンクからダウンロード&インストールしてみて下さい。
インストーラーを実行するだけです。

microKEY Air/KORG BLE-MIDI Driver – KORG

これによって、Windows10のMIDIデバイスの若い番号にKORG microKEYがMIDIデバイスとして割り当てられます。
ちなみにWindows10のアップデート後にこのドライバを入れ直さないとペアリングされない事がありました。繋がらない場合は再インストール(上書き)してみましょう。

⑥「KORG BLE-MIDIDevice」がMIDI1~9の一桁台に来ていれば成功。

KORG BLE-MIDI Deviceがmidi 5に割り当てられたことが確認出来る。 (midi 4の「KORG microKEY2 Air」は有線のUSBのドライバーの割り当て番号。)

上の画像のようになっていれば成功です。

⑥あとはペアリングすれば完了。

KORG microKEY Airのモードを「WIRELESS」(本体の左にあるスイッチ)にして、あとはWindows10のブルートゥースのデバイスに追加します。

Windows10の左下をクリックして電源ボタンの上にある歯車マークから
「設定」>「デバイス」>「Bluetoothとその他のデバイス」
で上の方にある「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」を選択。
「Bluetooth」を選択。

これでペアリングが出来るはずです。

Windows10でも遅延が感じられず、本当に凄い時代になりました。パソコンからちょっと離れて、ソファでごろごろしながら鍵盤が弾けてしまいます…すごい。

以上、KORG microKEY AirがWindows10でBluetoothを認識しない/繋がらない/接続できない時の解決策でした。

・余談

KORG microKEYのドライバが複数入っていると、
(例:「microKEY49 Air」 と 「microKEY2」、など)
自分の場合はREAPER v5.9 が動作停止する(録音しようとすると固まる)ようになりました。

その場合は、DAWソフトウェアのMIDIデバイスの設定
【Options > Reference > MIDI Devices】
で、入力に設定されているKORG microKEYのみを選び、他は設定から削除すると
無事に元に戻り、使えるようになりました。

何かの参考にどうぞ。


※プログラム・デバイスの削除等は自己責任でお願いします。