CASIOのキーボード・電子ピアノでMIDIのダンパーペダル(サステイン)が重複、重なって録音される問題の対処方法。MIDIチャンネル2、3、4の信号をフィルターしよう。

カシオの電子ピアノでMIDIを録音する際に、ダンパーペダル(サステイン)が重複、重なって録音される場合の対処方法です。

結論から言うと、DAW側でMIDIチャンネル2、3、4の信号をフィルターすれば解決です。


カシオの電子ピアノ・キーボードでMIDIを録音すると、ダンパーペダルの情報がダブってしまう事がありました。僕が購入したのはCDP-S100という製品です。

 

これはバグではなく仕様だそうです。

カシオでもこの問題は認知しているそうで、公式ホームページでも

https://support.casio.jp/answer.php?cid=008024004001&qid=124648&num=13

MIDIについて
Q13ペダル操作でMIDIメッセージが複数送信される

ペダル操作でMIDIメッセージが複数送信されるA13レイヤー・スプリット機能が搭載されているデジタルピアノやキーボードからのMIDI出力をご利用いただく場合、ペダル操作にかかわるダンパー(CC64), ソステヌート(CC66), ソフト(CC67)のペダルに関するコントロールチェンジのメッセージはメインパート(通常1ch)に加えてレイヤー・スプリットパートのチャンネル(2~4chなど)にも出力されます。

とあります。

これはカシオの電子ピアノやキーボード全般に当てはまるそうです。(2019年9月時点)

解決方法

解決方法は、DAWの設定の「MIDIフィルター」で、MIDIチャンネルの2,3,4を受信しない設定にすればOKです。MIDIチャンネル1だけ受信しましょう。

Cubaseでは

ファイル>環境設定>MIDI(左から選ぶ)>MIDIフィルター(左から選ぶ)

で出てくる設定画面の「チャンネル」の部分で、チャンネルの2、3、4にチェックを入れましょう。

「チャンネル」の2、3、4にチェックを入れる。少し明るく表示されていればOKです。

これで、MIDIチャンネルの2、3、4の信号は受信しない設定になり、
MIDIチャンネル1から出るノート情報やダンパー情報、他のMIDI情報のみを受信する設定になります。

ちなみにStudio Oneではこういう感じにすればOKです。

MIDIチャンネルの「2、 3、4」を外す。

メニューから
Studio One>オプション>外部デバイス(タブ)>(キーボードを選んで)編集

キーボードがない場合は「新規」で作り、「受信元」は「CASIOUSB-MIDI[エミュレート済み]」
にしましょう。

 

僕の電子ピアノも無事にダンパー情報がダブらなくなりました。

個人的な感想としては、これからはPCだけでなくiPhoneやiPadなどでも作曲できる時代なので、MIDIチャンネルの信号はデフォルトではMIDI1のみにして欲しいと思いました。

以上、カシオの電子ピアノ・キーボードで、MIDIのサステイン情報がダブる場合の解決方法でした。何かの参考になると幸いです。