ピアプロスタジオとボカキューの違いを比較してみる。ボカキュー4(Vocaloid Editor 4 for Cubase)の設定や、ざっくりと気になったところなど。

Vocaloid Editor 4 for Cubaseに関する、個人的な感想も含めた記事です。購入後にちょこちょこ更新中。

2016年8月31日に初音ミクV4Xを買い、かなり良い感じだったので、その後9月8日にボカキュー4を購入しました。以前からボカキューは欲しかったのですが、比較ブログ等、情報がとにかく無かったので、困っていました。V4Xの完成度が高かったので、これ以上の操作性になるならと、買いました。

ボカキュー4とピアプロスタジオの違いを比較していきます。
書き足していったら全然ざっくりじゃなくなってしまいました。

結論:
読むのが面倒な人のために最初に結論。
ボカキューは買いです。

買って損は無いです。
(Cubaseがよほど嫌いじゃなければ)

VOCALOID4 Editor for Cubase


ピアプロスタジオとは?
→すべてのDAWソフト上で動く、ボカロのエディターです。
(開発元:クリプトン・フューチャー・メディア)
初音ミクV3やV4X、鏡音リンレンなどのクリプトン製のボーカロイド製品を買うと付属されています。普通はこれを使います。
もちろんCubaseでも使えます!
※クリプトン・フューチャーメディアのボカロを買わないと付いてきません。
ピアプロスタジオが付属してくるボーカロイド製品一覧
http://piaprostudio.com/?page_id=28

ボカキュー4とは?
→Vocaloid Editor 4 for Cubaseの略で、Cubase7,8,9系で動く、Cubase7,8,9系専用のボカロエディターです。Cubase LEやAI版でも使えます!(開発元:ヤマハ)
Cubaseシリーズ対応表:https://net.vocaloid.com/products/show/v4e_for_cubase_ai
これはボーカロイドがCubaseに組み込まれるようになるため、より編集がしやすくなります。
Cubase7か8か9を持っていて、日常的にボカロを使う人向けです。
(ちなみに、ボカキュー4を買うとCubase AI 9が付いてきます。Cubase AI 9でもボカキューは動きます。)

なぜ2つあるの?

ボーカロイドは元々、ヤマハの技術を使った音声エンジンです。
「初音ミク」は、その技術を元にクリプトン・フューチャーメディアが開発した音声ライブラリの1つです。
なので、ピアプロスタジオはもともと、クリプトン製のボカロでの使用を目的に作られたもの。
そして現在では他社のボカロでもピアプロスタジオで使用できるようになっています。
逆に言えば、ピアプロスタジオを手に入れるには、初音ミクや鏡音リンレンなどのクリプトン製のボカロを買わないといけません。(2016年10月現在、単品販売はされていない)
ピアプロスタジオは非常に良く出来ているので、単品販売してほしいところです…!

ピアプロスタジオが付いてくるボカロ一覧(下のリンク)
http://piaprostudio.com/?page_id=28

一方、ボカキュー(VOCALOID4 Editor for Cubase)は、ヤマハがCubase専用に開発した、ボーカロイドエディタです。
ヤマハはCubaseを販売しているので、DAWソフトとボカロとの連携をして、より自社(開発は子会社のSteinberg)のDAWであるCubaseを普及させたいという意図はあるでしょう。

要は、ピアプロスタジオとボカキュー4は、違う会社が開発した、全くの別製品です。初音ミクに最適化されてるのはクリプトンの開発したピアプロスタジオと言えます。

ちなみに、ピアプロスタジオもボカキューも持っていない場合は、ヤマハの出しているVOCALOID4 Editorを買う必要があります。(IAや音街ウナなどを購入した場合)

もしくは、価格はほぼ変わらないので、ピアプロスタジオ目的で初音ミクV4X(もしくは初音ミクV3)を買うのもアリだと思います。
初音ミクV3は価格が1万近くまで下がってるので、エディター1つ買うのとほぼ変わりません。

VOCALOID4 Editor( for Cubaseじゃないほう)は、単独起動(スタンドアロン)でしか動作しません。
あらかじめ作っておいたオケの音声データを読み込んで、歌声だけを調声するという使い方になります。
ボーカルと同時にオケを編集できないということです。
ただ、そういう作り方が好きな人もいます。オケを完成させてから、調声だけに集中したいタイプですね。


 本題です。

ピアプロスタジオとボカキュー4の違いと比較。ざっくり7点あります。

続きを読む

2016年8月のスーパーサマー音源セールまとめ。ピアノ音源約2000円、総合音源102円、ブラス音源約1万円。(終了しました)

・Eighty Eight Ensemble

Virtual Instrument by SONiVOX

 

ピアノ音源です。88パーセントオフで2千円を切ってます…。笑
11 GBの容量で、16段階のベロシティーレベル。十分 続きを読む

手頃なオーケストラ音源をまとめてみた。なるべく安価で気になっている本格的(使えそう)な音源まとめ。

かなり自分用メモ要素が高いですが、オーケストラ音源をまとめてみようと思います。
(KONTAKT5を持っている前提で書きます)

まずは

Garritan Personal Orchestra 5

他のサンプルはこちらで
http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=39591

容量16GB、オーケストラ系は 続きを読む

MacBook Pro Retina13インチ(Late 2013)の電源アダプタはこれ。

60W MagSafe 2。

自分のMacBookProの電源アダプタ、どれを買ったらいいかのメモです。

13インチのRetinaディスプレイモデル(Late 2013)を使っているのですが、
15インチとはワット数が変わってくるみたいですね。

というわけで 続きを読む

千円台のPC用スピーカーLogicool Z120BWはニンテンドーDS/3DSのスピーカーとしてオススメ!(評価・レビュー、動画付き)

LogicoolのPC用スピーカー Z120BW。
Amazonのレビューで驚異的な高評価となり、一時期話題となった商品です。

特徴
・1500円程度で買える激安スピーカー
・とにかく音質が良い。特に中音域は、数万する下手なスピーカーも凌駕するレベル。
・音楽鑑賞に十分使える

デメリット

・その大きさもあいまって、低音が出ない…。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

この子がそれです。 続きを読む

KONTAKTライブラリ、半額セール!2016/7/3(日)まで

kontaktsale

KONTAKTライブラリのセールをsonicwireのサイトでやっています。

sonicwireというのはクリプトンが運営する、初音ミクなどのボーカロイド製品サポート・販売やその他ループ素材、サントラ制作向けサウンド、効果音/BGMを販売をしているウェブサイトです。

・sonicwireソフトウェア音源ランキング
http://sonicwire.com/news/ranking/vi
こういうランキングもあるのでついつい見てしまいます。

今回結構お得なセールがあったので紹介です! 続きを読む

cubase8が落ちる。メモリを16GB増設することにしました。

16GBメモリ

りーず(leez)です。

小ネタと自分のメモ用に。

NTT-Xストアで16GBメモリ(8GB×2)が6,480円だったのでポチりました。

僕のPCのマザーボードはASUSのH170-Proというもので、
メモリはDDR4が4枚挿さるようになっており、DDR4の2133MHzという規格のメモリを挿すらしいです。
DDR3とDDR4は互換性がないらしいです。
続きを読む

Cubase8.0.40にアップデートしたらkontakt5が「プラグインが見つかりません」というエラーになった対処法のお話(おそらく僕だけ)

update8_0_40

どうも、りーず (leez)です。

Cubase8.0.35を使っていたのですが、
Cubase8.0.40のアップデートが出ていたのでアップデートしてみました。

しかしここで思わぬ問題が…

・アップデートするとキーボードショートカット等の初期ファイルを一度リセットして読み込み直さなければならない
・同様に、VSTiの呼び出し場所も指定しなおさなければならない。
(僕の場合、Native Instrument製品とフリーVSTiのDLLファイルの場所だけでした)
・何故かNative Instrument製品のDLLの場所を指定しているのに、
kontakt5だけ「プラグインが見つかりません」というエラーになった

最後のエラーにだけ苦しめられました。おそらくイレギュラーなことをしたので、僕だけの現象です。
ただ、ちょっと急ぎの仕事をcubase8でされている方はとりあえずアップデートは後日にしましょう…。 続きを読む

Independence Pro 3.0のインストール&アクティベート方法を書いていく。

Independnece Pro3

どうも、りーず(leez)です。

今は昔となってしまっているかもしれませんが、Independence Pro 3.0とそのライブラリのインストールとアクティベーションの方法を書いていきます。

まずはBestServiceのホームページで、製品登録をしておきましょう。(必須)

ちなみに、Independence Pro 3.0を作っていたYellow Toolsという会社は吸収合併をされてしまったようで、管轄がBestServiceになりました。 続きを読む