パリピとは何か。「パーリーピーポー」「ディスる」の語源はm-floの大ヒット曲、”come again”が発祥だというお話。

「パリピ」の語源はm-floの「come again」だ。

「come again」は、2001年1月17日発売、日本の音楽ユニットm-floの12枚目のシングルだ。

もう約15年前の曲(!)だが色褪せることなく、m-floの代表曲のひとつとなっている。

m-floの音楽は多彩だ。
トラックメイキングを☆Takuが手がけており、クラブミュージックが基本となっている。
また、ヒップホップ、レゲエ、R&Bなどの要素も取り込んでいる。

宇多田ヒカルの8枚目のシングル「FINAL DISTANCE」の3曲目のリミックスはm-floのトラックメーカーである☆Takuが担当している。
宇多田ヒカルの声を切り貼りしてトラックを作成しており、クラブの要素を感じさせる。
(非常に美しいリミックスなので手に入れることをおすすめする。)


FINAL DISTANCE

印象に残っている☆Takuの音楽観がある。

この業界に飛び込んだとき、音楽は「仕事」だった。
スタッフ)『今は音楽は?』
Taku)『遊び。
これは遊びなんだ、って。
死ぬ気でやる遊びだ。
「仕事」にしちゃ絶対いけないな、って思った。』
スタッフ)『仕事じゃないんだ?』
Taku)『うん、仕事じゃない。』
引用:情熱大陸

最初この言葉を聴いたときは意味が全く分からなかったが、今はなんとなくだが分かる気がする。
音楽は、作り手にこそ、遊び心がないといけないのだ。
「仕事」にしてしまった時点で、音楽との距離はきっと遠くなる。

話がそれたが、m-floの「come again」は衝撃的なシングルだった。
2ステップのダンス・ミュージック自体が当時珍しかったこともあり、非常に洗練された大人のお洒落さを感じた。

一方、ラップに関しては「若干ダサい」というのが当時からの評価だったと思う。

メイントラック(LISAが歌っている部分)が洗練されている分、非常に惜しく思えてしまうのだ。
しかし、今となってはあれ意外のラップも考えられないような気もする。

一方、LISAの部分の歌詞は、当時から一歩先をいくものだった。

こんなに待ってても君にdissされるし
つまらない関係ならば why don’t you let me go
引用元:m-flo “come again”
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65967

当時、「dissされるし」の意味を探した。
が、分からなかった。

今となっては、「ディスる」という言葉が一般的になり、「人を見下す(こき下ろす)」
という意味の”diss”が、和製英語として普通に使われるようになった。

おそらく最初にこの言葉を大衆に広めたのはm-floだろう。
“diss”を広めたのもm-floのcome againが起源だと言っていいと思う。

本題に入ろう。
「パリピ」が使われているのは先ほどのラップの中である。
以下を参照して頂きたい。

VERBALがラップの部分で
「Party people」と叫んでいるのがお分かり頂けただろうか。

おくれんなよ get down get down
to the floor, party people
引用元:m-flo “come again”
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65967

当時からクラブではしゃぐような(お祭り騒ぎの)人々のことを「Party people」と俗語で言うような文化があったのだろう。

それが現代まで脈々と、
…おそらくm-floのこのヒット曲が15年も人気を維持していることから引き継がれ、
「(クラブ)音楽で楽しく騒いでいる人々」
「パーティー騒ぎが好きな人々」

が一転して、
・「楽しそうなリア充」
・「なにか楽しそうにはしゃいで集まっている人」
・「パーティーを開いて楽しむ人々」
などが一般でも
「パーリーピーポー」略してパリピ、と呼ばれるようになったのだと思う。略したのは誰だ。

「come again」のラップの部分も、人々は聴き逃していなかったのだ。

いやいや違うでしょ。違う説があるよ!という方、教えてください…。

それにしても、本当に良い曲です。
シングルに入ってるボーナストラックもかなりクールなので、一枚持つことをおススメしときます。

※リンクはAmazon.co.jpアソシエイトを利用しています

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+