Cubaseで48kHzのWavファイルを読み込むとピッチや長さがおかしくなる場合はミュージカルモードを解除して解決しよう。

どうも、りーずです。

Cubase 8で環境を48kHzにしているのに、48000Hzのwavファイルを読み込むと、尺の長さが長くなってピッチが低くなることがあります。

これの解決方法です。

①まず、Cubaseの画面左上の「ウィンドウレイアウトの設定」(写真、赤丸で囲った部分)をクリックして
「情報ライン」にチェックを入れておきます。

②次に、長さがおかしくなっているオーディオデータをクリックして選択している状態にします。
そうしたら、上に出ている情報ラインの右上に「ミュージカルモード」のところが「ミュージカル」になっているので、ここを1回クリックして消してあげます。(画像の赤丸の部分)

 

以上です。これで長さが戻ると思いますのでお試しください。

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn