カラプロとは。ボカロPがニコ動にカラオケPVをアップして手続きするだけで全国にカラオケ配信可能になるサービスが出来たらしい。その名も「カラプロ」

画像提供元:ぱくたそ

カラプロ。これ、とりあえず忘れないように書いておきます。

・ボカロPがニコ動にカラオケPVをアップして手続きするだけで全国にカラオケ配信可能になるサービスが出来たらしい。その名も「カラプロ」

・とりあえずPVにカラオケ音源を合わせた動画が必要

・著作権(ロイヤリティー)もしっかり支払われる

このような内容です! 続きを読む

パリピとは何か。「パーリーピーポー」「ディスる」の語源はm-floの大ヒット曲、”come again”が発祥だというお話。

「パリピ」の語源はm-floの「come again」だ。

「come again」は、2001年1月17日発売、日本の音楽ユニットm-floの12枚目のシングルだ。

もう約15年前の曲(!)だが色褪せることなく、m-floの 続きを読む

継続性のある天才作曲家が成熟する年齢のピーク等を調べてみた。植松伸夫、久石譲、中田ヤスタカ、小室哲哉、桜井和寿

画像提供:ぱくたそ (写真家:カズキヒロ


作曲家が成熟するのは30代前半なのではないかとずっと思っている節があって、気になったので調べてみた。

ちなみに作曲家の成熟ピークは数学者のピークとも似通っている気がする。
数学界のノーベル賞とも言われるフィールズ賞(数学にノーベル賞はない)は、40歳の年齢制限がある。ただこれは、フィールズ賞がそもそも若い数学者のすぐれた業績・研究を励ます目的で作られた賞だからだそうだ。
続きを読む

「ハイレゾの超高周波数は聴こえないから意味ないじゃん。ハイレゾ詐欺!」という誤解を超簡単に解いていく。

violin_forHz

どうも。りーず(leez)です。

ソニー等のメーカーやOTOTOYe-onkyo musicなど、ハイレゾ対応のヘッドフォンを発売したり、ハイレゾ音源を配信したりするサービスが増えてきました。

iTunesを始め、AWAやLINE MUSIC、Amazon Prime Music、Spotify、mora、OTOTOYなど、ほぼ全てのデジタル配信・販売ストアへの登録サービスであるTuneCore Japanでは既に個人クリエイターがハイレゾ音源の販売をすることが可能です。

時代はハイレゾ時代に突入しつつあるということで、ハイレゾの高音質についてよくある誤解を解いていきます。

この記事の全体としてはハイレゾバンザイ!っていう内容です。

・マイクの限界はハイレゾに関係あるの?
・ハイレゾの本質は超高音ではない
・なぜ誤解が広まったのか

続きを読む

CDが売れない本当の原因はすべてSONYにあるという話

どうも、りーず(leez)です。

2000年初頭ごろから”CDが売れない”と言われて久しい。

よく言われていることを書くなら、1990年代は、CDがとにかく売れた。
一番売れたのは、宇多田ヒカルの”First Love”だ。
日本レコード協会の調べによると、2000年1月20日までで、8,538,465枚を出荷したという。
約850万枚である。

大量にCDが売れたのは、これが最期だろう。ざっくり言うと。 続きを読む

僕がAWAに夢中な理由

みなさんこんにちは。音楽制作、ピアノ放送をしているりーず(leez)です。

 

いま定額音楽配信サイトではLINE MUSIC、AWA、Apple MUSICの3つが有名ですね。

僕が3つのサービスからAWAにすることにした理由を端的に言うと、

AWAはユーザーのことを一番考えている。

これに尽きます。

もうひとつは、

マイリストでトレンドが追える。

ということ。

続きを読む