DTMで音をCDっぽく大きくするために無料プラグインで音圧を上げる最終手段的なやり方、方法を考えてみた(2016年6月時点

C754_mixer

※注意
この記事で紹介している方法はかなり素人っぽい…というかほぼ力技に近いやり方です。
正攻法ではありません。ミキシングをちゃんとするのが一番です。
ただ、発想としては一度は通る道かと思うのでアーカイブとして残しておきます。
ホントにとりあえず、ただひたすら音圧を上げてみたい方はお読み下さい。
何かを考えるキッカケになれば良いと思います。
(2017年1月14日 追記)


どうも、りーず(leez)です。

最近は暑くなってきましたね…。(*_*)

2016年6月時点での音を大きく、最近のMIXっぽく大きくするための方法を書いていきたいと思います。音圧の上げ方を説明します。
(7月2日、一部更新)

・音圧を上げるために苦労してきた
・MS処理とは?
・MS処理をするための無料プラグインを使おう
・デメリット

ある程度知識があることを想定しています。

・音圧を上げるために苦労してきた

・「音を大きくする本」を買って読んだ。
・ミックス、マスタリングの方法はサウンドレコーディングやSoundDesigner、DTMマガジンで一通り読んだことがあり、実践したことがある。
・ある程度有料プラグイン(Waves L2,L3など)を使ったが、音が思ったように大きくならなかった。

はい、つまりこれは僕のことです…。

・まずはフェーダーでMIXのバランスを整える
・必要に応じてトラックにコンプレッサーを挿す
・パンニングを考える
・イコライザーで音のぶつかりをカットする
・必要であれば高音、低音はバッサリ切り捨てる
・マスタートラックでマキシマイザーを使って音を大きくする。

このあたりまで分かっていたのですが、それでも何故か「あと一歩」が上がらず、
とても困っていました。

音圧を上げるためにぼくはどうしたか

ぼくがよく作る曲は、碧霄エンジェリックのようにシンセサイザーを多様する曲です。


※碧霄エンジェリックでは今回の方法を使っていません

EDMや鍵盤出身の方だとシンセパッドを使ったり、「音が真ん中にあるもの」を多様する事が多いので、どうしても音が真ん中に寄ってしまいがちだと思います。
(というか意識しないとそうなってしまう。)

そこで大事なのはパンニングを考えることですね。
この楽器は右にふる、左にふる、と色々やっていきます。

MIXもある程度自分の思うようにいき、さあマキシマイザーで音を大きくするぞ!とスレッショルドを下げてみて、音圧が上がる最大のところで書き出す…。
しかし思ったように音が大きくなりませんでした。

長々と書いてきましたが、MS処理を入れることが解決の手段でした。
音は先程書いたように真ん中に寄っているので、それをサイドに分散させてあげます。

MS処理とは?

MS処理のMはミドル、Sはサイドの音のことです。プラグインや、ある手順で音処理をすることで
「サイド」と「ミドル(真ん中)」の音を切り離すことができます。切り離してからサイドだけ上げて、またミドルとサイドをくっつけて音を上げるのがMS処理のイメージです。

OzoneやT-Racksのようなトータルマスタリング製品にはこういうものが付いていたり最初から組み込まれていたりするようです。

ぼくはWaves勢なので持っていませんでした。WavesにもS1というものがあるのですが、ちょっとこれが使い方が分かりづらい上に使い勝手がよろしくない。頑張っても音が結構割れてしまいます。

そこで、WavesではWaves CenterというMS処理を行うプラグインがあるのですが、これが高い。
Waves Platinumバンドルにも付属してこないので、単品で手に入れるしかない。
しかしお金などない…

で、どうしたかというと、無料プラグインを使いました。

・MS処理をするための無料プラグインを使おう

開発元:VARIETY OF SOUND
プラグインの名前:Rescue MK2
ダウンロードリンク:https://varietyofsound.wordpress.com/downloads/

(リンク先にある「Rescue MK2」をダウンロード)

ぼくのマスタートラックのプラグインの挿し方はこうです。

7月2日更新:プラグインを挿す順番を以下に訂正しました。
(最初の記事では①と②を逆にしていました。でも以下の順番のほうが良いです。)


①まずマスタートラックにRescue(MS処理プラグイン)をかけてサイドの音を上げる。
ミッドの音もやや上げたりして調整。

(Cubaseの場合、付属プラグインのステレオエンハンサーでもちょっと良い感じになります。
他のDAWでもステレオイメージャー・ステレオエンハンサーがあればそれでも代用できるかも。
ただ、ステレオイメージャー/エンハンサーはMS処理とは意味合いが異なりますのであしからず…)

②その次に、Waves C4(マルチバンドコンプレッサー)をかける。(必要でない場合もある)

③そしてマキシマイザーWaves L3で音圧を上げる。(任意のマキシマイザーでOK)

④最後にCubase付属のプラグインUV22HRでディザリングする


①でミドルの音をサイドにふってから③で音圧を上げているのがポイントです。
マキシマイザーをかけた後にMS処理をすると音が割れるので順番に気をつけましょう。

これで聴感で、音が3dBくらい大きくなるはずです。

※やりすぎると、耳が痛くなる(聴き疲れする)MIXになるので、適度にしましょう!

②は、僕が全帯域に軽くコンプレッサーをかけるためにしている方法です。
DAW付属のマルチバンドコンプレッサーでも代用できるかと思います。
Waves C4は非常に高品質なマルチバンドコンプレッサーです。これをプリセット指定してから少し調整してかけておくと良い感じにしてくれるので重宝しています。
(特に、帯域幅が広いピアノのマスタリングにはWaves C4は欠かせない)
マスタートラックに普通のコンプを挿す代わりに使っています。

④はご存知の方にはお約束の方法です。書き出しのときにビットを変換する場合必要なプラグイン。
24bitでプロジェクトを作っていて16bitで書き出すときはUV22HRで16bitを指定してあげます。

ただ、Waves L3にもディザー指定があるので、それを16ビットにしている場合は④は必要ないと思います。
Waves L3のディザーはOFFに出来るので、UV22HRを使う時はOFFにしたほうが良いです。
(デフォルトではONになっている)

ということで、ぼくなりの最近の音圧上げの方法でした。

今回はプラグイン目線でしたが、ビートルズのようにミキシングの段階で楽器を完全に左、右に振ってしまうのも良いでしょう。
ミキシングの段階でパンニングをしっかりと考えることも結果的に音圧を上げることに繋がると思います。

追記

・デメリット
今回の方法は、デメリットもあります。
それは、ボーカルなどの真ん中にいてほしい音のサイド成分もサイドに寄ってしまうことです。
BusでMS処理をかけたいトラックをまとめて、そこにだけプラグインをかけるのも良いでしょう。

あと「歌ってみた」でマスタリングされる方は今回の方法をしてしまうとボカロPの配布した音源(既にMS処理をしている可能性がある)に更にMS処理をしてしまうので、止めておいた方がいいでしょう。

また、音圧を上げるには良いミックスを作ることが第一前提だと思います。僕も引き続きミックスを勉強していくつもりです。

今回参考にした情報など
・【DTM】あなたの曲をもっと迫力的にするマスタリングテクニック
・【歌ってみたMIX】無料プラグインでマスタリング【過程公開】
・WAVES / Lシリーズを比べてみました!

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn