DjangoでオープンソースのECサイトを作る方法。Saleor(https://saleor.io)やOscar(django-oscar)を使ってみよう。

DjangoでECサイト作りをしたいと考えていたところに、YouTubeで良さげな動画を見つけました。

「Python Django e-Commerce Tutorial 2020 – for Beginners」

とても簡潔に説明がされています。
ローカル環境で動くところまで。

上の動画のECサイトの実装ではSaleorhttps://saleor.io/)というDjangoのライブラリを使っています。

デモサイト:
https://demo.saleor.io/

デモサイト管理画面
https://pwa.saleor.io/dashboard/

このライブラリはオープンソースですが、サポートを受けたい場合は別途月々の料金が必要なようです。スタンダードプランで月に約10万(950ドル/月)。ちょっと高すぎる。
ただ、個人で普通に使いたいだけならフリープランでいけそうです。
フリープランでもカスタマイズや商用利用が可能です。

Djangoは最初からログイン/ログアウト(認証)やアクセス制限などの
「管理権限系の処理」と、その管理画面が実装されているので、
Djangoを入れるだけでユーザーとスーパーユーザー(管理人)を分けて処理を行うことなどが出来ます。

(ちなみに上記デモサイトでも分かるようにSaleorでは管理画面はDjangoの管理画面ではなくSaleorの管理画面が用意されています。)

また、ちょっと調べてみたところ、Saleorとは別に、Oscar(https://github.com/django-oscar/django-oscar)というEコマースのライブラリもあるようです。

『コピペで始めるDjango Oscor – Qiita』
https://qiita.com/shinriyo/items/a59412f4569171e41606

『django oscar 簡易チュートリアル – Qiita』
https://qiita.com/d0d0npa/items/4a4cc9914feebf60bbc0

Cartridgeというライブラリも発見。
https://github.com/stephenmcd/cartridge

このようなストア系のライブラリがあれば、車輪の再発明のような事をしなくても良いのですね。
選択肢が広がります。


話は別ですが、個人的には2020年5月現在でオリジナルのECサイトを作る一番簡単な方法は、WordPressにWooCommerceのプラグインを入れてStripe決済にすることだと思います。
Stripeは維持費なし、手数料が販売金額の3.6%のみ。凄いのは振込手数料も0円です。

限定公開URLやパスワードをつけることが出来るのでかなり良いです。
海外から作曲の依頼があったときにデータの受け渡しやライセンスの販売に使えます。
購入後のダウンロード期限(日数)の設定まで出来ます。
ゲスト購入(アカウントを作らずにE-Mailのみでの購入)も可能。

ただ、これだと商品表示の方法や音楽プレイヤーの表示・仕様の自由なカスタマイズなど、自分の思っているような事が微妙に出来ないんですよね。

ということで色々調べています。


メモ用に書き残しておきます。

HALion Sonic 3のインストール後に「FCP_SMT_078_HSSE_GM_Presets_01.vstsound が見つかりません」というエラーがCubase起動時に出た場合の対処法

Windows10環境で、HALion Sonic 3をインストール後に、DAWを立ち上げると「FCP_SMT_078_HSSE_GM_Presets_01.vstsound が見つかりません」
というようなエラーが出ました。

一度HALion Sonic 3をアンインストールしたのですが、2回目もエラーが出ました。

これの解決方法です。

・まずはエラーのメモ
・足りないファイルを探してきて、適切な場所にコピペする
・まとめ

このような流れでお届けします。


・まずはエラーのメモ

HALion Sonic 3をインストール後に 続きを読む

Wavのビットレート(kbps)は何kHzと何bitの組み合わせなのかの早見表・対応表

自分用メモです。Windows10ではWavファイルのビットレート(bps)はファイルのプロパティ等から見られるのですが、bitとHz(kHz)が確認できないので、対応表を作っておきます。

1,411kbps = 44.1kHz / 16bit
1,536kbps = 48kHz / 16bit

2,116kbps = 44.1kHz / 24bit
2,304kbps = 48kHz / 24bit

2,822kbps = 44.1kHz / 32bit もしくは 88.2kHz / 16bit
3,072kbps = 48kHz / 32bit もしくは 96kHz/ 16bit

4,608kbps = 96kHz / 24bit
6,144kbps = 96kHz / 32bit もしくは 192kHz / 16bit

ビットレート(kbps) kHz / bit
1,411kbps 44.1kHz / 16bit (CD音質)
1,536kbps 48kHz / 16bit
2,116kbps 44.1kHz / 24bit
2,304kbps 48kHz / 24bit
2,822kbps 44.1kHz / 32bit もしくは 88.2kHz / 16bit
3,072kbps 48kHz / 32bit もしくは 96kHz / 16bit
4,608kbps 96kHz / 24bit
6,144kbps 96kHz / 32bit もしくは 192kHz / 16bit

(ステレオの場合です。モノラルは考慮していませんのでご注意下さい!)
※あくまで「このビットレートだとこのHzとこのbit(のはず)だよね」という逆算をしている表ですので
一応、ご注意下さい。

 

96kHz/16bitのビットレートと48kHz/32bitのビットレートは同じになります。これは逆算表では判断できませんね…。
同じく、44.1kHz/32bitと88.2kHz/16bitは同じビットレートになると思います。
96kHz / 32bit と 192kHz / 16bitも同じビットレートですね。
お気をつけ下さい。

(ちゃんと確認したい場合はiTunesでファイルを開いて右クリック「曲の情報」から確認できます)


[計算方法]

例:44.1kHz、16bitの場合 続きを読む

【鍵盤系DTMer必見】ネット上でみんなで1つのピアノを共有・演奏できるepiano.jpが凄い

どうも、りーずです。
最近凄いと思ったウェブサービスがあったのでご紹介&自分用のメモです!

https://epiano.jp

こちら。
「ePiano.jp」という、オンラインでピアノをみんなで弾くことができるウェブサービスです。

なんとMIDIキーボードを繋げていればリアルタイム演奏が出来てしまいます!
DTMをやっている人なら大抵はMIDIキーボードを使っていると思うので、それでリアルタイム演奏が共有できます。

ちなみにパソコンマウスやキーボードでも大丈夫です。
チャット機能もついています。 続きを読む

iPhone7が車中で発火する事故が発生 – オーストラリア 2016年10月20日

iPhone7が車中で発火する事故が発生したと、オーストラリア-メルボルンの7Newsが2016年10月20日午後7時44分に報じた

事故が起きたのはオーストラリアのサーフインストラクター、Mat JonesさんのiPhone。
彼はiPhone7を車内でズボンの下に置いておき、戻ってみたときにクルマが煙で満たされていることに気付き、ショックを受けた。クルマの中は窓が黒くて見えない状態だったという。

iPhone7は燃えて、クルマもシートやインテリア、天井部分が溶けてかなり大きい損傷を受けていることが確認できる。

彼はiPhone7をちょうど1週間前に買ったばかりで、落としたりサードパーティ製の充電器は一切使っていないと主張。
彼は、iPhone7が発火の原因なのは確実だとしている。

Appleはコメントを差し控えるとしているが、この事件について認識し、原因について、現在調査中だという。

7Newsの記事
https://au.news.yahoo.com/a/32960624/iphone-7-catches-fire-destroys-vehicle


 

今回起こったのは気温の暑いオーストラリアだが、日本でも夏になれば同様の暑さになる。

また、2016年10月03日にはGigazineでも、未開封のiPhone7端末が内部で爆破し本体が大破した状態で届いたり、台湾ではiPhone7 Plusのバッテリーが突如膨れ上がるという報告を取り上げている。

ソース:iPhone 7 Plusが爆発する事例が発生、バッテリーが膨張したとの報告も


今回iPhone7では初の防塵・耐水が搭載された。
そのために排熱性能が犠牲になったとも言われている。
いずれにせよ、Appleのアナウンスを待つしかないだろう。

世界標準の数式フォントが確立されれば飛躍的に科学は発達するというお話

・世界標準の数式フォントがあれば数学を正しく表せる
・数式を表せると「考える」ことが始まる
・数式を表せるとコンピュータによる自動計算が可能になる
・どうすればよいか

以上の内容でお届けします。

・世界標準の数式フォントがあれば数学を正しく表せる

インターネットが一般的になり、発展途上国でもウェブにアクセスすれば豊富な情報にアクセスできるようになった。
様々な言語も 続きを読む

「データベース接続確立エラー」とは。WordPressを使ってる人はデータベースのパスワードを無闇に変えないようにしよう。

・WordPressには、データベース接続用のパスワードが入ってる。

・レンタルサーバーなどでデータベースのパスワードを変えると、WordPressで設定されているデータベース接続用のパスワードと違うものになるので繋がらなくなる

ポイントはこの 続きを読む