【鍵盤系DTMer必見】ネット上でみんなで1つのピアノを共有・演奏できるepiano.jpが凄い

どうも、りーずです。
最近凄いと思ったウェブサービスがあったのでご紹介&自分用のメモです!

https://epiano.jp

こちら。
「ePiano.jp」という、オンラインでピアノをみんなで弾くことができるウェブサービスです。

なんとMIDIキーボードを繋げていればリアルタイム演奏が出来てしまいます!
DTMをやっている人なら大抵はMIDIキーボードを使っていると思うので、それでリアルタイム演奏が共有できます。

ちなみにパソコンマウスやキーボードでも大丈夫です。
チャット機能もついています。 続きを読む

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

iPhone7が車中で発火する事故が発生 – オーストラリア 2016年10月20日

iPhone7が車中で発火する事故が発生したと、オーストラリア-メルボルンの7Newsが2016年10月20日午後7時44分に報じた

事故が起きたのはオーストラリアのサーフインストラクター、Mat JonesさんのiPhone。
彼はiPhone7を車内でズボンの下に置いておき、戻ってみたときにクルマが煙で満たされていることに気付き、ショックを受けた。クルマの中は窓が黒くて見えない状態だったという。

iPhone7は燃えて、クルマもシートやインテリア、天井部分が溶けてかなり大きい損傷を受けていることが確認できる。

彼はiPhone7をちょうど1週間前に買ったばかりで、落としたりサードパーティ製の充電器は一切使っていないと主張。
彼は、iPhone7が発火の原因なのは確実だとしている。

Appleはコメントを差し控えるとしているが、この事件について認識し、原因について、現在調査中だという。

7Newsの記事
https://au.news.yahoo.com/a/32960624/iphone-7-catches-fire-destroys-vehicle


 

今回起こったのは気温の暑いオーストラリアだが、日本でも夏になれば同様の暑さになる。

また、2016年10月03日にはGigazineでも、未開封のiPhone7端末が内部で爆破し本体が大破した状態で届いたり、台湾ではiPhone7 Plusのバッテリーが突如膨れ上がるという報告を取り上げている。

ソース:iPhone 7 Plusが爆発する事例が発生、バッテリーが膨張したとの報告も


今回iPhone7では初の防塵・耐水が搭載された。
そのために排熱性能が犠牲になったとも言われている。
いずれにせよ、Appleのアナウンスを待つしかないだろう。

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

世界標準の数式フォントが確立されれば飛躍的に科学は発達するというお話

・世界標準の数式フォントがあれば数学を正しく表せる
・数式を表せると「考える」ことが始まる
・数式を表せるとコンピュータによる自動計算が可能になる
・どうすればよいか

以上の内容でお届けします。

・世界標準の数式フォントがあれば数学を正しく表せる

インターネットが一般的になり、発展途上国でもウェブにアクセスすれば豊富な情報にアクセスできるようになった。
様々な言語も 続きを読む

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

「データベース接続確立エラー」とは。WordPressを使ってる人はデータベースのパスワードを無闇に変えないようにしよう。

・WordPressには、データベース接続用のパスワードが入ってる。

・レンタルサーバーなどでデータベースのパスワードを変えると、WordPressで設定されているデータベース接続用のパスワードと違うものになるので繋がらなくなる

ポイントはこの 続きを読む

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

これからの主流は、一度プログラムしたソースを簡略化し安定化できる優れたプログラミング言語だ。(まだそんなの無いけど)

プログラミング

どうも、りーず(leez)です。

色々思うことがあって記事を書くことにしました。

今回は理想論なので、
「そんな意見もあるのか」程度に見ていって欲しいです。まぁ、趣味です。
決して役には立たないのであしからず…。読み物です。

・ムーアの法則の崩壊
・コンシューマはスピードより安定性を求める
・新たなベクトルへの転換が必要になる

という内容です。


・ムーアの法則の崩壊

ここ数年で、「ムーアの法則が崩れたのではないか」と言われています。
ムーアの法則というのは半導体チップのメーカーの大御所として知られるIntelの創業者の一人、
ゴードン・ムーア氏が1965年に論文で提唱した「半導体集積回路のトランジスタ数は18ヶ月ごとに2倍になる」
というものです。
続きを読む

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+