ロジカルエディターを使ってCubaseで選択したMIDIのベロシティの値をショートカットキーで任意の値にプラス・マイナスする方法

自分用メモです。

ロジカルエディターを使ってCubaseで選択したMIDIのベロシティの値を任意の値にプラス・マイナスする方法。(ショートカットキーに割り当てる。)

・ロジカルエディターを使う
・ベロシティーの上げ下げの設定をプリセットとして保存
・ショートカットキーに割り当てる

このような感じでお届けします。Cubase8で作っていたロジカルエディターの設定がCubase9で引き継がれていなかったので自力でやり直すためのメモ。

・ロジカルエディターを使う

上のメニューの
MIDI→ロジカルエディター

を使います。

MIDIを選択していなかったりするとこの部分がグレーアウトしている場合があるので、適当なMIDIトラックを作って、空白のMIDIリージョンを作り、適当にノートを入力し、選択状態にしましょう。ロジカルエディターが表示されて使えるようになるはずです。

以下の画面のように設定します。

 

ベロシティ+5

ベロシティ-5

・ベロシティーの上げ下げの設定をプリセットとして保存

上をプリセットとして保存しておきましょう。

名前は何でもOKです。
僕は「ベロシティ+5」「ベロシティ-5」にしています。(日本語そのまま)

・ショートカットキーに割り当てる

ショートカットキーに割り当てます。

キーボードショートカットの割当て

キーボードショートカットキーの中の「ロジカルプリセット」の中に先程プリセットとして設定したものがすべて表示されます。そこにキーを割当てます。

僕は
「ベロシティ+5」にU
「ベロシティ-5」にYを割当てました。

さらに、ELECOM-DUX50BKなどのキーが割当てられるマウスの場合はそのキーボードショートカットを割当ててしまいましょう。

マウスのボタンにショートカットキーを割り当てる

以上で終わりです。選択されたMIDIノートのベロシティを、ショートカットキー1発でプラマイできるようになります。

※注意
実は、この設定だと、なにも選択していない場合にはすべてのMIDIノートがプラス・マイナスされてしまいます。間違えてキーボードショートカットを押さないように注意しましょう。

もっとうまい設定がないかなぁと思っているところです。

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+