超絶安いBEHRINGER(ベリンガー) UCA222/UCA202の評価、レビュー(動画付き)

BEHRINGER_UCA222

どうも、りーず(leez)です。

今更ですが、BEHRINGER UCA222の評価、レビューです。

(ちなみにUCA202とUCA222の違いはシルバーか赤か、という色の違いだけです。
UCA202がシルバーでUCA222はレッドです。)

今更というのは、安価なASIOオーディオインターフェイスとしてはBEHRINGERのこのシリーズは、もうすっかり有名になったからです。

このBEHRINGER UCA222の評価は、結論からいうと

・パソコンの音楽再生用のオーディオインターフェイスとしては十分
・ただ、自分の環境のDAWで使うと(Windows7/cubase5)変な音の残響(プチノイズ)がした
・音質評価は普通、中の上くらい

続きを読む

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

CDが売れない本当の原因はすべてSONYにあるという話

どうも、りーず(leez)です。

2000年初頭ごろから”CDが売れない”と言われて久しい。

よく言われていることを書くなら、1990年代は、CDがとにかく売れた。
一番売れたのは、宇多田ヒカルの”First Love”だ。
日本レコード協会の調べによると、2000年1月20日までで、8,538,465枚を出荷したという。
約850万枚である。

大量にCDが売れたのは、これが最期だろう。ざっくり言うと。 続きを読む

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn