人間にはオートモードがあるのかな?というお話。

よく、「酔っぱらってしまって、気がついたら家に帰っていた」なんて話がありますよね。

僕は、人間には「オートモード(考えなくても勝手に物事をやってくれる)」のようなものが付いているんじゃないかと思うことがあります。
簡単なルーティンを覚えて、やってくれる。

よくRPGの戦闘で、「オート」にすると勝手に戦闘してくれるアレです。

経験者なら分かると思いますが、ピアノだって、一度暗譜してしまえば、「この鍵盤のここを押そう」なんて1つ1つ考えずに弾けてしまいますよね。
外から見ると凄いことをやっているように見える曲でも。

例えば、夜、お風呂に入ったら、ほぼ特に考えなくても体を綺麗にして出てきます。

このように、日々のルーティーンは結構オートモードに支配されているような気がする…
(´・ω・`)

「光陰矢のごとし」とよく言いますが、時間の流れが早く感じるのはオートモードが多くなった結果なのかなぁ、とさえ思います。

なので、「いつもの自分がしないであろう新しいことをする」ということをクセにすれば常に変わっていけるのかな。
色んなところに行ったりするのも良いですね。環境を変えるのは大事です。

いや、変わりたきゃですけどね!(`・ω・´)ゞ

という雑談系のお話でした。

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+