初音ミク生誕10周年。2017年8/31日に投稿するボーカロイド楽曲の進捗を書いていくエントリー。

2017年8月30日
いよいよ、初音ミク生誕10周年です。あと1日になりました。
MIXを終えて、歌詞も最後の最後で微調整をして、動画に音声を入れ、書き出しています。

今回の楽曲は初音ミクと自分をテーマにした曲です。

(ここに進捗を記録していきます)

2017年9月2日

と思っていたのですが、直前になって色々しているうちにブログを更新しながら曲を作りつつ動向を見守る…というのはとても出来ませんでした。^^;

曲は歌詞を当日まで手直しをしていた記憶があります。あと、とにかくミックスが大変でした。今回はボーカル、ピアノ、ベースというかなりシンプルな構成だったのですが、やはり毎回ミキシングは難関です。

マスタートラックは、最初、iZotope Ozone7で書き出そうとしていたのですが、Waves C4という選択肢が挙がり、さらに満足できなくてWaves C6を使ってみるとiZotope Ozone7よりも音の分離がハッキリする訳ではないのですが全体的に音楽としてのまとまりが良かったです。前日までOzone7にするかWaves C6にするか相当迷いましたが今回はWaves C6になりました。

特にボーカルを優しく包んでくれるかかり方をしてくれたので、Waves C6をマスタートラックに採用しました。

更に細かいことを書いていくとキリは無いのですが、歌詞について。

今回、「初音ミクの10周年」というテーマがあったので、歌詞の骨格になってくれたと思います。

きくおさんのGoogle+の「さかさまうちゅう」メイキングでも実践されていたのが、歌詞を作るときにテーマや世界観を先に決めるということです。今回はそれが前もってあったので、とても助けになりました。

楽曲の作曲(メロディ、コード)自体はニコニコ生放送で放送をしながら作ったのですが、作業放送ははかどりますね。笑
やっぱり先に曲の横の線(最初から終わり)が出来ていると完成が速いです。編曲(縦の線)は後から色々出来ますので。

絵に例えると、作曲が線画、編曲が色塗りや描き込み、といった感じだと思います。

また、期日が決まっているということは大事だなぁ、と実感しました…いやぁ本当に。期限が決まっていなかったらiZotope Ozone7とWaves C6でいまだに悩んでいたかもしれません。笑

また、今回イラストの使用許諾をして頂いたおむたつ様には大変感謝をしております。
どうもありがとうございました!

「蒼をかさねて / 初音ミク」
作詞 作曲 りーず
イラスト おむたつ様

YouTube版

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+