初音ミクV4Xの使い方、5種類のライブラリ聴き比べです。新搭載の『E.V.E.C(イーベック)』機能も紹介。歌唱デモ/レビュー的なもの。

初音ミクV4Xから搭載されたE.V.E.C(イーベック)機能でどのくらい歌声が変わるかを簡単にレビューします。

短い新曲です。

「ここにいるから」
音楽:leez
イラスト:松うに 様
http://piapro.jp/matsuuni

まずはこちらが、初音ミクV4Xの歌声ライブラリ「オリジナル」をそのままいじらないで歌わせたものです。


初音ミクV4X Original(E.V.E.Cなし)


そして、以下が初音ミクV4Xの E.V.E.C(イーベック)機能を使って「発音拡張」というものをして声を「Mild/Soft」にしたものです。要はちょっといじった感じ。


初音ミクV4X Original(E.V.E.Cの音声拡張のみ使用)


そして最後に、以下がイーベック機能で歌声を「ソフト」「パワー」という2つのボイスカラーを使ったものです。
「君の思ったように」の部分の声が上がるところで「パワー」を使って、それ以外では「ソフト」というものを使っています。また、音声拡張で「Mild/Soft」を使っています。


初音ミクV4X Original(E.V.E.Cのボイスカラー と 音声拡張を使用)


実際にどのようなことをやっているかというと、以下のようにしています。

ピアプロスタジオ(付属で付いてくるエディター)の画面

赤いところが強い歌声(Power)で、青いところが弱い歌声(Soft)。
上のように、発音を変えたい音を選択して、どのように調整したいかを選んでいけます。

このように、初音ミクV4XではE.V.E.Cという機能でノート1つ1つに細かに声の表情をつけられるようになりました。
これによって、オリジナルミクでも、Softのライブラリのような声が出せます。上のように、好きな部分に抑揚を付けることも簡単に出来ます。

➤ E.V.E.C.(Enhanced Voice Expression Control)

(E.V.E.Cを使うには、初音ミクV4X付属のピアプロスタジオというエディターを使う必要があります。
VOCALOID4 Editor for Cubaseやボーカロイド4エディタはE.V.E.Cに正式対応していません。)

ちなみに、歌声ライブラリ比較ということで、Soft,Solid, Dark, Sweetの歌唱版も作りました。聴き比べてみてください。

歌声ライブラリ比較(Soft, Solid, Dark, Sweet)


初音ミクV4X Soft (E.V.E.Cは使っていません)


 

初音ミクV4X Solid (E.V.E.Cは使っていません)


 

初音ミクV4X Dark (E.V.E.C機能はついていません)


 

初音ミクV4X Sweet (E.V.E.C機能はついていません)


このように、結構歌声に違いがありますね。上のSoft,SolidについてもE.V.E.Cが使えます。(今回は使っていません)

歌声には軽くリバーブをかけています。(本当にうっすらとだけです)

ちなみにEnglishバンドルもあるのですが、それは持ってないためレビューできず…。
以上、簡単なレビューでした〆(*・ω・)ノ

初音ミクV4X
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/mikuv4x.jsp

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B01G6XK6VM/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_PVWmzb717R3YD

サウンドハウス
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/225554/

※アフィリエイトではありません


そういえば無料体験版があるようです。
39日間の期限でOriginal(E.V.E.C機能付き)を使い放題。

初音ミク V4X 体験版

http://sonicwire.com/product/A2229

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+