DTMに使えそうな88鍵盤の卓上MIDIキーボードをちょっとまとめてみた【10kg以内】

DTMに使えそうな88鍵盤の卓上MIDIキーボードって意外と選択肢が少ないんですよね。

調べてみたら、海外メーカーで良さそうなのがかなりあったのでまとめてみます。


NEKTAR ( ネクター ) / IMPACT LX88+

 

¥40,608(税込み) ※価格はこの記事投稿時のものです。

サウンドハウスのページ

重さ8.2kg。
サイズは127.6 x 27.9 x 8.9cm (L x D x H) 。

MIDIアウト端子付き。USBバスパワーでPCと直接接続可能。ACアダプターは別売り。
フットスイッチ端子は1つ。(MIDI CC設定可能)

YouTubeのこの動画によると「黒鍵がほんの少しだけセンシティブ(敏感)だが、すぐに慣れる」と言っています。

 

なかなか良さげ。見た目が格好良い。


Studio Logic ( スタジオロジック ) / Numa Compact

こちらは販売終了になったようです。(2017年10月追記)

重さは6.3 kg。
サイズは1260 x 220 x 80 mm(W x D x H)

MIDIイン/アウト端子付き。PCとUSB接続可能(USBバスパワーで駆動する場合、音源は使えませんが、MIDIキーボード/コントローラーとしては使えるそうです)。
詳しくはこちらのブログも参照。
電源のACアダプタ付属。
こちらは音源入りのキーボードなので、L/Rでモノラルのフォーン端子が2つ(OUT)と
ヘッドフォン用のステレオフォーン端子が付いています。

更に、サステインペダル端子1つとエクスプレッション端子1つ付き。

参考:http://studiologic-music.com/products/numa_compact/

¥52,380 (税込)価格は記事投稿時

サウンドハウスのページ

展示店舗一覧 というのがありました。ありがたいです。

6.3kgなので軽いです。紛らわしいのは、「NUMA CONCERT」という名前の製品(10kg超)もあることです。YOUTUBEで見るときは気を付けましょう。

見た感じだけだと鍵盤はかなりしっかりしていそうですね。
実際のところ分からないのでもう少し調べてみますが。

楽しい(*’▽’)
ここまで弾けるキーボードなんですね。


Studio Logic ( スタジオロジック ) / Numa Compact 2

上の後継機です。

こちらは上記のNuma Compactの後継機種。スピーカーが付いたようです。

デザインも大人っぽくて良いですね。

¥70,200 (税込) 価格は記事投稿時
重さは7.1kgです。

サウンドハウスのページ

・鍵盤
88鍵(鍵盤:Fatar TP/9 Pianoセミウェイテッド(アフタータッチ付き))
Fatar鍵盤です。

・サウンド・エンジン
最大128ボイス
音色数:88音色
・スピーカー:10W アンプ内蔵、ステレオスピーカー
・接続端子
標準フォン・ステレオ出力 x1系統
ヘッドホン出力 x1系統
ペダル入力 x2(サステイン / エクスプレッション)
MIDI入力 x1、MIDI出力 x1
USB Type-B x1
・サイズは
W1270 x D230 x H100mm(W×D×H)
重量:7.1kg

鍵盤を楽器屋で実際弾かせてもらえる機会があったのですが、キータッチは良い感じでした。電子ピアノのようなおもりは入っていないのでキータッチはかなり軽いですが、上質なセミウェイテッド鍵盤で、しっかり弾ける感じです。

ただ、MIDIキーボード的な要素が惜しいことに若干少なくて、オクターブシフトボタンとキートランスポーズボタン、どちらの専用ボタンも付いていません。

(メニュー画面で操作して変えることは出来るので、数ステップふめばキートランスポーズは変更可能のようです。
ただ、オクターブシフトについてはちょっとやり方がイマイチ分かりません。
参考:Numa Compact 2 取扱説明書
https://dirigent.jp/share/support/studiologic/manuals/Numa_Compact2_JP.pdf

DAW用途だと直感的にボタンでオクターブシフトをして…という操作が求められるので(ドラムの打ち込み時など)、せっかくこれだけの機能を持っている製品なのに惜しいと思いました。

また価格帯的にも、重量が重いですがRolandのA-88が候補に挙がってきてしまいます。

(A-88はオクターブシフトとキートランスポーズの専用ボタンが付いているので、よりピアノに近い鍵盤が欲しい場合はそちらの方が良いと思います。)

ただ、「非常に軽い」「鍵盤とデスクの高さにほぼ差ができない(設置して弾きやすい)」というのはA-88のような電子ピアノ型の鍵盤には真似できない性能だと思います。

Numa Compact2の良いところは
・ピアノ曲も弾けるレベルの高品質なキータッチであること。
・軽量なキータッチなので、ドラムやシンセの打ち込みにも使えそう。(鍵盤が重すぎない)
・軽量なので机の上に置きやすい。
・電子ピアノのように鍵盤までの高さが出ないので弾きやすい。
・大きさもかなりコンパクト。
・奥行きがほぼ無いので、設置しやすい。

微妙なところは
・キートランスポーズボタン、オクターブシフトボタンが付いていない。
・価格がそれなりに高価である。
・同程度の価格帯だとRolandのA-88が候補に挙がってくる。

という感じです。

氏家さんがレビュー動画を出されていました。

ここでも、キートランスポーズとオクターブシフトについては触れられていないのでちょっと分からないですね…。ただ、鍵盤のしっかりとした感じや奥行きのコンパクト感は凄いですね。

ちなみに作曲家の神前暁さんはNumaCompact1を使われています。

 


M-AUDIO ( エムオーディオ ) / Keystation 88

コスパ重視だとこちらですね。非常にシンプルで無駄が無い。
UBSバスパワー。MIDIアウト端子付き。
ペダルはサステインペダル端子とエクスプレッション端子が付いています。
サイズは、約1368 x 92 x 250mm、重さは約7.7kg。

¥23,220 (税込) 価格は記事投稿時

サウンドハウスのページ


机の上に乗る10kg以内の88鍵盤キーボードを探してみると、意外とこのくらいでした。
セミウェイテッド鍵盤(重りが入っていないタイプ)ですが、打ち込みでは十分だと思います。

ただ、ピアノ演奏をキャプチャーしたい場合はある程度しっかりした鍵盤が必要なので、この中でそれに見合うものがあるかどうかですね。

あまりにもベコベコ鍵盤だと困るので、調べていきたいと思います。

では(/・ω・)/

Share on Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+