2016年版、ボカロの代表曲/オススメ曲一覧。シーンを支えたボーカロイド楽曲まとめ

どうも、りーずです。

みなさん年末ですよ。年末!(o・ω・o)
ついに2016年も終わってしまいますね。
今年は、沈静化していたボカロシーンが再燃しはじめた年だったように思います。
DECO*27さん、ryoさん、そして年の暮れにはsasakure.UKさんといったビッグネームの投稿が相次ぎました。

ということで、2016年のボカロシーンを支えた代表曲をまとめていきたいと思います。

まずは1月に投稿されたDECO*27さんのゴーストルール。2016年の年末現在でカテゴリ1位をキープしています。

れるりりさんの「僕がモンスターになった日」。
2016年1月28日発売、SEKAI NO OWARIのFukaseがボーカロイドになった、『VOCALOID4 Library Fukase』の曲です。

曖昧さ回避。
UTAUとは思えません。UTAUの可能性を知らしめた楽曲。

Orangestarさんの『Alice in 冷蔵庫』。
何度でも聴きたくなるような中毒性のある曲です。大サビの高音が凄い。

和田たけあき(くらげP)さんの「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!」。
ギターサウンドが突き刺さります。年末時点でダブルミリオン。

ナユタン星人さんの「エイリアンエイリアン」。
リズムとギターが心地良い。

ピノキオピーさん「すきなことだけでいいです」。
色々な解釈が出来る曲です。

ryoさんの「罪の名前」。ryoさんの完全オリジナルミク曲。
このあたりからランキングが変動しはじめたように思います。

Neruさんの脱法ロック。りゅうせーさんのPVの世界観が独特です!

白井くら子さんの「えびふらい」。ボカロシーンに大きな衝撃を与えました(良い意味で)。

みきとPさんの「39みゅーじっく!」です。
みきとPさんも約1年ぶりに帰ってきました。

2016年7月30日には音街ウナが発売

音街ウナの声を担当したのは、「干物妹!うまるちゃん」の声優さんです。

SaiBさん「パイロキネシス」。曲のクオリティとセンスが高いです。

ラマーズPさん「難聴系男子が倒せない」。リン廃が増えていきます。

(この間も「えびふらい」がランキングを浮上し続ける)

海外ボカロPのcilliaさんの登場です。カリフォルニア在住のcilliaさん。今は日本に来ているらしいです。
ryoさんの「メルト」を音街ウナでカバー。ランキングの上位にい続けました。

ピノキオピーさん、「きみも悪い人でよかった」。
ピノキオピーさんには珍しいバラードです。

そして、2016年8月31日に初音ミクV4Xが発売されます。

にとぱんさんの「ミクがネギを背負ってやって来る」。
色々なボーカロイド過去名曲の要素が織り込まれています。

バルーンさんの「シャルル」。本人歌唱版もあります。

ミク&ウナで攻めるカルロス袴田(サイゼP)の「ちがう!!!」です。勢いがあります。

ミスミさん「ミッドナイトに猫は笑う」。センスの良いお洒落な楽曲です。

この曲はアメリカの新進気鋭のDJ、ポーターロビンソンさんにもお気に入りされているようです。

こちらはDECO*27さん、11月投稿の妄想感傷代償連盟。中毒性が高いです。

…まだまだ全然あるのですが、随時追加していきたいと思います…!(;´∀`)

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn